月別アーカイブ

 2007年04月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第4話 『餃子とアメリカンドッグ』 

伊織の単純なミスによってドロップが2つになってしまい
急遽インベルに乗った春香が対処することに。
伊織はどけと言ったものの春香はドロップの破壊に成功する。
そのことが伊織の気にさわったのか、春香にあたる伊織。
罰代わりのシフトの変更により、当分はネーブラのパイロットは真に固定されることに。
律子は春香と伊織のやり取りを見て餃子パーティを提案し、
やよいも誘い、雪歩とあわせて5人で集まることになる。
そこで律子は下ごしらえ、雪歩は相変わらず睡眠な中、
ついに喧嘩になってしまう伊織とやよい。

律子さん、キャベツをそんなに切ってどうするつもりなんでしょうか、
お好み焼きじゃあるまいし。
それからやよいはなぜに今回も着ぐるみなのかと。そして寝すぎだ雪歩。
ここの伊織とやよいの喧嘩中の寝ている雪歩の反応が…。
伊織が言ったバカリボンとコスプレ芸人に対しては
「う、うまい」
対抗してやよいが言ったおでこサンシャインに対しては
「ぐっじょぶ」
おまえ絶対起きてるだろうっ!w

しかしおでこサンシャイン…おでこサンシャインっ(笑)
見事な表現力ですね、やよいさん☆

翌日、春香と雪歩が基地にいくと、ネーブラの修理にばたついていた。
真が無理をしてドロップは片付けたもののネーブラに負担がかかったらしい。
今回も千佳子さんがしゃべりましたよ進藤さんーーーー!
ああかっこええわぁ。真グッジョブとか思ってしまった自分が痛い。

ネーブラの様子を見た伊織は真に対して詰め寄るが、
真はアイドルは機械だからそんなこと気にしてるからミスをするんだとと取り合わない。
しかし偶然聞いてしまった春香は自分もアイドルには心があると思うと真に告げる。

伊織がアイドルを傷つけることを嫌い、足に当たるデブリを
よけたために任務でミスをしてしまったということを知った春香は
伊織になぜ言ってくれなかったのかとつめよる。
伊織は、人を守るためにアイドルがいるのに、
アイドルを守るためにドロップの除去ができなければ本末転倒だからと言う。
ミスをしたのは自分だと。だけど守りたいから、
全部守れるくらい強くならないといけないと。
それを聞いた春香は自分もネーブラを磨くのを手伝うと言い出したが、
伊織はそのまえにやることがあるだとうとつっぱねる。
そこで春香はインベルのことを思い出し、インベルを磨くことに。

その後、伊織は真と模擬戦で勝負をすることに。
それを聞いた春香がかけつけるもすでに勝負は決まっていた。
春香は思わず私も戦わせてほしいと頼む。
結果、もちろん真の勝利。だが真相手に5分43秒。それは課長やあずさに
新人としては十分と言わせる結果だったらしい。
なんとも腹黒そうなコンビだなぁこの2人。
あずささんが…私のおっとり天然あずささん返せぇ…(泣)

屋上で落ち込む春香に伊織がうっとおしいと言いながらも声をかけ
アメリカンドッグを手渡す。
喜びいさんで食べる春香と、その様子にウケる伊織、
春香は初めて伊織の笑顔が見れたと喜びからかう。

うーん、ものの見事なツンデレです伊織。

アイドルは機械だからと効率重視の真とアイドルをも守りたい伊織。
後者は結果を残さなければただのわがままにしかならないもんなぁ。
伊織はそれを分かってるから大丈夫でしょうが、難しいことに変わりはないですしね。

スポンサーサイト

エル・カザド 第4話 『狙う女』 

今回は、ナディとエリスの話と平行して、ブルーアイズ先生の
「なぜなにエル・カザド」のコーナーが行われたお話(違)


修道院でオカマたちの攻撃を受けているナディとエリス。
自分たちが逃げ込んだばかりに修道女たちを巻き込んでしまったと
ヤツラをひきつけて外におびき出すことに。
あと少しで外というときにエリスは例の赤い石を落として、取りに戻ってしまう。
そこにオカマが追いつき、銃口を向けられるエリス。
銃を捨てろと言われ従うナディだが、発砲されピンチに。
それを見たエリスの呼吸が荒くなり異変がおこる。
エリスの力でオカマの靴が溶け、その隙にナディは攻撃に転じ、
修道女の助けもあり、なんとか形勢逆転をした2人はここで殺すわけにもいかないと
オカマたちを外に誘い出して倒し、修道院に戻った。
そして眠るエリスは博士の夢を見て涙をながす。


とりあえずナディ側だけ追ってみました。
ブルーアイズ側は割愛。

今回はブルーアイズの一人語りによっていろいろとあきらかに。
・エリスは人の手によって創られた生命である。
・博士はエリスの長期にわたる研究・観察を一任されていた。
・エリスの能力は自然界における分子運動を恣意的に操作する能力。
・博士がなくなった時の記憶が一時的に抜けているため、それが戻らない限りあのとき何が起こったのかわからない。

うーむ、エリスはローゼンバーグたちが遺伝子操作によって
作り出した生命体だったわけですね。
てか博士は本当に死んでいるのか…とか疑ってしまう。
まずエリスが殺したってのはないと思うんですよね。こういうのの場合。

それからブルーアイズの目的もあきらかに。
プロジェクト・リヴァイアサンを解体に追い込むことらしいです。
彼女もペンダントにした石を持ってるんですよね、
エリスのが原石だとしたら加工したようなやつ。
エリスの能力と関わりがあるのか、それとも博士とか。そこは今回は謎のまま。
それから動き出したブルーアイズさんはローゼンバーグを尾行。
しかし翌日…ローゼンバーグ気づいてた!けん制しにきましたよ。
あれも一筋縄ではいかないようです。うーん恐ろしい。


そして変態さん、今日は車のうえーーーー!
今日も元気に変態のようです☆


今回のエリスのセリフで、
銃弾におびえる修道女に院長が…
「落ち着きなさい私たちは神に守られています。大丈夫です。」
「だといいけどねぇ」
「守ってくれないよ。誰も、守ってなんかくれない。」
「エリス…」
これ。たまにどきっとするようなこと言いますねぇ、エリスは。
現状、ナディに対してどういう感情を持ってるのかなぁ。
それからこれからどう変わっていくのか。そこが楽しみです。


そして今回も「ベストヒット静さま」!!
ナディが様子を見てくると言ったときに、エリスがフォークを持って…
「私も行く。」
「エリス? それは?」
「武器。」
「それじゃ無理だって」
おもむろに左手のフォークも見せるエリス。
「2本。」

せめて、もう少し大きいのにしなさい。

ここ。エリスのボケのような真剣な行動に対して、絶妙な扱い方。さすがですナディ。
もはや慣れでしょうか(笑)

次点で、
「エリス、Go!♪」
「イエッサ」
も捨てがたかったんですけども。



今回は現状の説明とかを入れてくれて、
なるほどなぁとは思いながら見てはいましたけど
その分テンポが悪くなっちゃったような。残念。

瀬戸の花嫁 第3話 『天国に一番近い島』 

父の仕事の都合で明日埼玉に帰ることになった永澄。
それを燦に告げようとするもなかなかできず。

豪三郎から2人で無人島に行って遊んでこいと船を出してもらい
とうとう認めてもらえたかと思った永澄だったが、もちろんそうはいかず。

あらたなる刺客マキちゃんとの激しい戦いを繰り広げるお話。

結局、燦は永澄たちとともに埼玉についていくことを決めていて、
一緒に新幹線で帰ることに。
平和になると思った永澄だったが、かばんの中にはやはりマキちゃんが…。

というお話。


燦のお友達、巻き貝のマキちゃん登場。
かわいらしい子かと思いきや、やはり父からの刺客(笑)
瀬戸内組の用心棒にして筆頭らしいw

燦の前ではロリ声、永澄の前ではおもいっきりドスを聞かせた声にはやがわり。
なかなかインパクトの強いキャラです、マキちゃん。
大魔法峠のパヤたんを思い出させてくれて…
こういうキャラっておもしろいわ~。
まあ個人的にはパヤたんの方が好きですけども。
あれは表と裏で声優さんも千和さんと譲治さんですしいろいろ違うんですけどね~。

ちなみにマキちゃんの声がなっちゃんだったのはびっくりしました。
いまだに可憐なイメージなもんですから(シスプリ)
本人のキャラがぜんぜん違うのは知ってるんですけど、
どうにも可憐から抜け出せれない、私の脳内。


しかし、燦との思い出にいちいち政さんが最終的に出てくる
永澄はもうダメなんじゃなかろうか(笑)

FictionJunction YUUKA、新アルバム情報。 

詳細が出ていたようなので、メモメモ。

http://www.jvcmusic.co.jp/-/Information/A018153.html

7月4日発売
『circus』
DVD付限定盤:VIZL-235/¥3,570(tax in)
(※限定盤DVDには「Silly-Go-Round」「荒野流転」「romanesque(シングルver.)」のPVを収録)
通常盤:VICL-62426/¥3,045(tax in)

~収録予定曲~
◆「焔の扉」(「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」挿入歌)
◆「Silly-Go-Round」(「.hack//Roots」OPテーマ)
◆「angel gate」(ミュージカル「ANGEL GATE」テーマ曲)
◆「荒野流転」(幕末機関説「いろはにほへと」OPテーマ)
◆「blessing」(「荒野流転」C/W)
◆「romanesque(アルバムver.)」(「エル・カザド」EDテーマアルバムver.)
◆「aikoi」(「ツバサ・クロニクル」挿入歌)
◆「六月は君の永遠」(※)
◆「ピアノ」(※)
◆「よろこび」(※)
◆「circus」(※)
◆「道標(仮)」(※)
(※は新録曲)/全12曲収録予定




7月4日かぁ~。
「aikoi」入れてくれたのは嬉しいな~。

舞-乙HiME解析 

いろいろなところで見かけてはいたのですが
自分でやったことがなかったのでやってみました、舞-乙HiME解析


あしゃーの53%はアルゴス14世で出来ています
あしゃーの30%はナツキ・クルーガーで出来ています
あしゃーの8%はリリエ・アディーンで出来ています
あしゃーの6%はレナ・セイヤーズで出来ています
あしゃーの3%はマシロ・ブラン・ド・ヴィントブルームで出来ています



ぶっ…!!アルゴス…よりによってアルゴス14世…。

あれだ!フィアお姉さまの耳にちゅーしていいってことだねこれは!!
そうだね!フィアお姉さまにかしずかれちゃうってことだね!!
塊麗の縞瑪瑙、フィア・グロスだよ、うはうはじゃないか!
あはははは、あははははー。(inお花畑)

前向きにとらえてみました…。


でもでも30%はナツキがいるからいいんだっ。
30%分の愛はシズルから受けられるわけですね!(違)




でももうちょっと…


あしゃーさんの63%は破絃の尖晶石で出来ています
あしゃーさんの24%はミドリで出来ています
あしゃーさんの5%はイリーナ・ウッズで出来ています
あしゃーさんの4%はトモエ・マルグリットで出来ています
あしゃーさんの4%はマシロ・ブラン・ド・ヴィントブルームで出来ています

あしゃーちゃんの89%は破絃の尖晶石で出来ています
あしゃーちゃんの7%は愕天王で出来ています
あしゃーちゃんの2%はリリエ・アディーンで出来ています
あしゃーちゃんの2%はエルスティン・ホーで出来ています

あしゃーくんの77%は嬌嫣の紫水晶で出来ています
あしゃーくんの10%はラドで出来ています
あしゃーくんの6%はトモエ・マルグリットで出来ています
あしゃーくんの5%はレナ・セイヤーズで出来ています
あしゃーくんの2%はニナ・ウォンで出来ています

よし、満足。(あほ)
どうしても紫の人を出させたかっただけなんだっ。だってそういうもんでしょう!
にしても途中ナオ率高いな。

私的ネットラジオメモ(2008.10.02現在) 

アニラジなネットラジオの番組表を作ってくださってる方がいるのですが、
これがかなり便利です。
が、さらに自分がチェックしてるのだけそこから抜き出させていただいて
ここにメモっておけば便利じゃないか!わたしが。
リンク貼っておけばもっと便利じゃないか!わたしが。
と思ったのでがっつり実行。


[月曜日]
昌也・真澄のバクバクON AIR! 小野坂昌也、浅野真澄 ※第1・第3月曜※

[火曜日]
スパロボOGラジオ うますぎWAVE 遠藤正明、杉田智和、相沢舞、斉藤梨絵

[水曜日]
さよなら絶望放送 神谷浩史、新谷良子
集英学園大学 マン研(WEB再放送) 諏訪部順一、生天目仁美、新名彩乃
THE iDOLM@STER RADIO たかはし智秋、今井麻美
絶対可憐放送局 白石涼子、戸松遥、小杉十郎太 ※隔週※

[木曜日]
悠幻の学び舎Radio たかはし智秋
佐藤利奈のあの空で逢いましょう♪F 佐藤利奈
ワールド・デストラクション~世界放送委員会~ 古谷 徹、小林ゆう

[金曜日]
コードギアス はんぎゃく日記 大原さやか、新井里美
狂乱電波日記 藤村歩、佐藤利奈 ※22時から生放送※
Radio QMA! 浅野真澄、広橋涼
とある”ラジオ”の禁書目録 井口裕香、佐藤利奈
一騎当千GGR 浅野真澄、 生天目仁美 
鉄のラジオバレル 柿原徹也、能登麻美子  
緒方恵美の薔薇色天獄・銀 緒方恵美
潮風放送局~みなと STATION らじお!君が主で執事が俺で編~ 後藤邑子、伊藤静 ※隔週※

[不定期など]
「カンださん☆アイぽんのネギまほラジお~ネギら部(仮)」 神田朱未、野中藍
マリア様がみてる 植田佳奈
WEB TV 小生意気!! 小西克幸、生天目仁美


ぜんぜん聞けてないですが(笑)
まあ聞きたいやつってことでひとつ。

アイマスレディオのCD第2弾ですよっ!! 

http://columbia.jp/idolmaster/#070424

「THE IDOLM@STER RADIO TOP×TOP!」
トップトップと読むらしい。
2枚組で定価3990円、5月30日発売予定。

あ~、また買うものが増えた~。でも、
「GO MY WAY!!」のあずささんと千早バージョンてかアイマスレディオバージョン
のCD化はずっと楽しみにしてたんでもちろん買いです!
あと智秋さんと今井さんの新曲がそれぞれ1曲ずつと、ふたりでの新曲が1曲。
それから歌姫楽園のが15曲も。今回歌多いなぁ。
でも「歌姫楽園より」って書いてあるから録りなおしてるわけじゃなさそう?
ただ惜しむらくは歌姫楽園からなら、
ぜひ「ドリルでルンルン クルルンルン」は入れてほしいとこだった(笑)

綺麗なお姉さんに心配された本日。 

階段で足をすべらして(しかも上りで)転びそうになって
ワタワタして手すりを掴んでたら、
通りすがりの綺麗なお姉さんに「大丈夫ですか?」と心配された!
苦 笑 さ れ て た け ど 。

なんかさ、好意もよしあしって言うか…ほんとにダメなときは心配も助かるけど
こういうときって見てみぬフリの方してくれた方が
私としては良いかなって思ったんですけど、どうなんだろう。
でも実際それをされるのも微妙なのかな~。
見てみぬフリは完璧が絶対条件ですね。チラ見とか苦笑とかはダメ、絶対(標語か)




そういえば生天目さんのCD発売イベント、6月17日にあるみたいですね!
トーク&ライブかぁ。どうしようかな…。

前に行ったのは公開録音&ミニライブだったっけ。
あの公開録音もおもしろかったなぁ、立ち見だったのがきつかったけど。
行けたら行くぞ!とかができないんがイベントとかのつらいとこだよなぁ。

Aice5と嵐、そしてYUUKA。 

今日は帰りに某メイトにAice5の新曲を買いに行ってきました。

ですが、CDのコーナーをうろうろうろうろ…
そんなことをずっとしていても見つけられず、今日発売じゃなかったか?勘違い?
と思って携帯で調べるまでしたけどやっぱり今日だったので
思い切って店員さんに聞いてみました。苦手なんですよね、声かけるの。

そして私はこう言った。

「すいません、Aice5の新譜ってどこにありますか?」

そしたらヤツ(店員)はこう言った。

「あらし?」

………嵐の新譜買いにアニメショップにはこねぇよっ!!

うん、たぶんだけど。こないよねきっと。普通。
私の中の彼ら「あ~らし~♪あ~らし~♪」で止まってるけどさ。

ものすごく突っ込みたかったので、心の中で突っ込んでおきました。

でまあ訂正して聞いてみると、新譜のコーナーにあるはずと連れて行ってくれました。
ずっとそこウロウロしてたからあったら気づくはずなんだけどなぁと思いながらも付いていくと…
「ここです」と指されたのがコレ。

20070425190632.jpg


これでか…(納得)
私の脳内の画像はこっちだったんですよ!

20070425190620.jpg


これ、おいてある面は重要だと思うんですよね。
上のじゃ私みたいにこのアニメのこと知らない人は気づかないですよ。
その一段下にあったゆーかさん手にとったくせに見事にスルーしましたからね(笑)
全部とは言わないけどせめて半分ずつにして置いておけば
私みたいな客の対応減るだろうに。
それともそんなまぬけな客は私だけだったのか!?

そんなこんなで今日は
Aice5の「Brand new day/Eternity」
FictionJunction YUUKAの「romanesque」
の2つを買ってきました。結局買っちゃったよゆーかさん。

でもやっぱり買ってよかったかも。
やっぱり梶浦さん好きですわ~。

英語教師、千葉紗子の巻。 

な、夢を見ました。


何 故 だ 。



ええ、なつきじゃなくて何故か千葉さん。
どっちかというとなつき…むしろ静留だったらよか(以下略)


わたしが生徒で出演しておりまして。
分かる問題のときはあててもらえないのに、
分かんないときにおもいっきりあてられました。
だいたいそういうものなんですよねぇ。でも夢でまでそうじゃなくても。

そのあと何故か恋愛について根掘り葉掘り二択で選択させられる私。
あんなに根掘り葉掘り聞くのに何故に二択だったのか、
普通に答えさせればいいじゃない!ていうか授業中ですけどっ!

私の夢の中の千葉さんはよく分からない人でした(謎)

舞-乙HiME Zwei 第三巻情報をいじってみる 

『舞-乙HiME Zwei』<第三巻>は2007年5月25日発売!!

第3巻収録の第3話のタイトルは『縞の舞/乙女の迷宮』。
表紙はナオ、ニナ、アリカ、ミコト(ネコ)

外出禁止を言い渡されたアリカ
ニナをつれて遺跡に向かうナオ
黒い谷から脱出できないマシロ
と、そんなお話の模様。

やっとナオちゃんの出番ですよ!
お願いだから1人マテリアライズをさせてあげてください(笑)

でも、「急転直下のラストスパート!(でも、みんなで温泉!?)」
のキャッチコピーが気になってしょうがないのですがw
と思っていたらなにやらちょっと公開されていた模様です。

舞-乙HiME Zwei 第三巻 アルタイ公国クアハウス内衣装設定

ちなみにクアハウスとは…「温泉地に設けられた保養所。多くは入浴施設とスポーツ施設をあわせもち、専門家の指導のもとに健康増進をはかる。by Yahoo!辞書」

まあそれはいいとして…ちょ、なんだこれ!!w
アリカの水着なんてどうでもいい!
ああああアインお姉さまが酒瓶抱えて酔っ払ってますよ!目がやばいですっ。
しかもシホの水着脱がしてるっ!
私の心の乙女、アインお姉さまは酔っ払うとセクハラ大魔神だったのか…。
ま、まあいいでしょう。そんなアインさんだって好きさ!(宣言)
ところでシズルのあの胸元が開いてる水着の趣味はアインお姉さまの影響ですか?(違)

そんな脱がされてるシホはパットがポロリです。
パットいれててもそんなにないというかわいそうなことが…ゲフンゲフン。
チエ・ラウラ・カーラあたりはなんともまともでほっとできますねぇ。
マーヤはなにやらアリカの水着を頭にかぶっちゃってますし…、
ロザリーはもう水着がポロリ云々の前に猥褻物陳列罪でつかまる気がしますw
もはや着なくていいじゃない、とすら思わせる水着ってすげえ。
そしてなぜかマシロがいないのにこの場にいるアオイはチエつながりでしょうか。
マシロいないのに誰に給仕してるというのか(謎)
アカネちゃんは水着は普通だけど手が…手がっ!
その手はアインお姉さまですかそれともマーヤですかっ?
と思ったけどマーヤ色黒だった…アインお姉さまーーーー!!
そしてカズ君はとてもかわいそうなものをつけられております(笑)

ナツキとシズルがいないのが残念でならない…クアハウス…。
サラも続けて出しちゃえよぅ。




こちらはファミ通さん。
ついにニナも動き出す! DVD第3巻の先行カットを公開!!

なにやらマーヤ、ロザリー、シホあたりが大暴走してそうな…。
でもミドリちゃんが出るってのはうれしいぞ。
そしてナオはあの謎のご真祖さまと対面するみたいですね。



結論、早 く 見 た い 。

シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド 第2話 『心×剣』 

クレハの体から現れた剣によりなんとか妖魔を退けた2人の前に謎の獣人が現れる。
獣人は心剣士の伝説やこの世界のことを教え、
さらには獣人の国セイランの街まで案内してくれたが名も告げず去っていく。
街についたソウマとクレハは城に行き、歓迎をうける。
2人は宰相から隣の非道な人間の国が攻めてくると聞かされ
この国の人々を守るために手を貸すことに。
赴いた戦地で自分が見ている中ヒョウウンが倒され、
思わず剣を持って向かっていくソウマ。
そこに立ちはだかったのはなんとキリヤとシイナだった。




んーと、セイランが獣人の国でフィリアスが人間の国、ね。なるほど。

狐さんな宰相ですがビジュアルがあそこまで妖しいといっそすがすがしいですねw
そして5人の将軍?の中の一人、ヒョウウンっていうのが
最初に案内してくれた獣人さんかと思ってたんですが違った…なんだ。
ほんとはあの狐さんがエルフの国の女王暗殺をしたとかだと
ストレートすぎるんですけどまさかねぇ。
もう少しひねってくれることを期待してますがどうなることやら。
そしてお約束過ぎる再会、揺れる恋心!みたいな続きになるんでしょうか。

すいません、なんか…1話から輪をかけて微妙になってる気ががが…。
続き…どうするかなぁ。

ウエルベールの物語 第2話 『旅立ちの章』 

港町ザザンに着いた一行。
とにかく旅支度を整えるために街に買出しに向かうティナとリタ。
大量の荷物を持たされたティナは酒場での休憩を提案し、
リタは渋るものの結局少し休んでいくことに。

そこでの食事中リタはティナに向かって、
この国がいま戦争の危機にたたされていると告げる。
それを防ぐための政略結婚だったと。

その話のさなか、怪しげな気配の男たちが。
探りをいれにカウンターにいくティナは、すでにリタの手配書が
この町にまで出回っていることに気づくが時すでに遅し。
王女であることはバレてしまうが二人は何とか酒場から逃げ出す。

仲間と合流して街からの脱出をはかるも
罠にかかってしまい途中で途切れている橋に追い詰められてしまうが
なんとか壊れた橋の向かい側に飛ぶことに成功した一行は、
追っ手が渡るもうひとつの橋もボルジュラックが吹き飛ばし、
街から脱出することに成功した。

そしてリタは状況認識が甘すぎたと反省し自らの髪を切る。




てゆうかこの人たち阿呆か!?
そんな綺麗な服着てたら目立ってすぐに姫だってばれるのは分かることじゃ。
たとえ手配書が出回ってなかったとしても常に安全な手を打っておけばいいのに。
設定だからどうにもならないけど、まぬけがいっぱい(苦笑)

買出しにでかけたリタの壊滅的な金銭感覚がすごいです。さすが姫。
リンゴ1個に金貨1枚を出し、お釣りはいらないと。言ってみたいなおい(笑)
ちなみに金貨1個で1万キュラソ。
どどーんと置いてあったリンゴが全部買えるお金だそうですw

あいやー、サンガトラスの王子との政略結婚は
王が悩んでたのをリタが自分で決めて後押ししてたのね。
てかそれならなおさら殺さないだろうに。
「でもそれなのに私は…」とか言ってましたが、はたして殺したのかどうなのか。
先にナイフを持ち出したのは王子のほうみたいだけど…。

そして今回は手癖の悪いティナに惚れ惚れですw
市場ではすばらしい手つきでリンゴをパクろうとしてリタに捻りあげられてましたが、
戦闘では相手に気づかせずに銃をすっておくというテクニックを披露。
盗賊とスリって違うと思うんだけど、まあそういう育ちだったってことでしょうね。

でも気になることがひとつ、街から脱出はいいんですけど、
街から出るには2つの橋しかなくて、ひとつは壊れてて、
で、リタたちが自分のためにもうひとつの橋を壊したら
街の住民の生活どうするつもりなんでしょうね。
姫様、民のために戦争にさせるわけには…!とか言ってますけど、
そこでせめて葛藤とか謝罪の気持ちとかすこしでも触れてくれれば好感度あがるんですが、
自分が逃げるために必死でなんとも思わない、または気づかないってのはちょっとなぁ。


そんなこんなで残る日にちはあと、13日。


んー、なんだかリタの行動と言動が気になって
あんまりすっきりと見れなかったです。
まだまだお姫様なことにかわりはなしってことですかね。

sola 第2話 『ミアゲルアオ』 

前回に引き続き謎のおにーさんとヒロインの茉莉がなにやら戦闘中。

茉莉は手にしたものを腐らせてる?
おにーさん曰く「人間ではない夜の禍」だそうです。
それでも依人は彼との戦いで気を失った茉莉を家に運ぶ。

お礼だと言いご飯を作ると言い出した茉莉だが…
電子レンジが動かないからと蹴って直そうとする彼女をとめようとした依人が被害に。

そして落ち着いたころ、自分は人間じゃないと言う茉莉。
夜禍人(やかびと)という不老不死のばけもので、そのため昔からよく狙われると。
夜になったら出ていくという茉莉に、
依人はここなら安全だからここにいればいいと言うが…。




ヒロインは人間じゃなかった!な第2話。
夜禍人(やかびと)不老不死だけど太陽はだめみたいです。
それと茉莉の言葉を聴いてるとそれ以外にもなにかありそうだけど。
あと、蒼乃…絶対なにやらありそうな彼女も夜禍人とかそういうおちですかね?

さて茉莉…あれでずっと一人で生きてきたのでしょうか。
材料を電子レンジでなんとかしようという考えは100歩譲って置いておくとしよう、
でもいろいろと間違いすぎててどうしようもないw

依人の部屋の天井の、一面の青空を見た茉莉が
「ずるいよ…これは…」とつぶやいたわけですが、
私はそこでずるいのはお前だーーーーー!まみこーーーー!
と心の中で絶叫いたしました。だってだってあの声は可愛すぎじゃないかい。
くそう、あの声好きだなぁ。

本当は依人が病院に行っている隙に消えようと思っていた茉莉が
思わずそこに残ってしまった依人の部屋の天井。
何百年も生きてきて、見たことのないソラ。
たとえそれが作り物であっても彼女には魅力的で。
それが「ミアゲルアオ」だったわけですね~。
でも、それは『アオ』であって『ソラ』ではないんですよね…。


つーわけでひきつづき内容はまあどうでもいいですが
まみこが可愛いのでもうしばらく見てみようと思います。

Darker than BLACK -黒の契約者- 第2話 『契約の星は流れた…(後編)』 

共に追っ手から逃げることにした2人。
ファミレスでの会話の途中、千晶に少し異変が。目がうつろになり、
ヘイが声をかけると疲れてるのかもといって席をはずす。
その合間にホァンがヘイに接触し、早く情報を手に入れろと言って去っていく。

翌日、とある駅のロッカーの中から本を取り出す2人。
そのときまた追っ手が後ろからついてきて、前には警察署が…。
ヘイが「忘れるんだ…」と囁くと千晶は崩れ落ち、
追っ手はそのまま立ち去っていくヘイを追いかけた。

そのころ未咲には警察署から篠田千晶を保護したという連絡がはいるが、
同時に部下から彼女の遺体を確認したという連絡も入り困惑する。

ヘイは奪った本から情報を探すも中身は真っ白だった。
そこに追っ手があらわれ、千晶もたどり着く。
ルイを殺したのがヘイだと知り驚く千晶。
ヘイは追っ手が千晶に銃を向けたために庇おうとするが…
そのとき彼を撃ったのは千晶だった。



みたいな話?なんだか分かりにくいなぁ。まとめ能力がほしい。



まさか千晶がヘイをおびき出すためのドールだったとは。
1・2話からやってくれますね~。
しょっぱなからこんなことされたら、今後ずっと登場人物を疑ってかかってしまうじゃないか(笑)
まあ面白かったですけど。
おそらく情報のために千晶を庇おうとして後ろから撃たれてしまうヘイと、
なぜかドールでありながらヘイをかばって壊れた(という表現になるのかな?)
千晶が、契約者と人間の違いなのかなぁ。
ただ単に記憶を流し込まれ2・3日しか持たない人形がその間に出会った相手を
命を投げ出して守るっていうのは…千晶の記憶だけじゃなく
それに伴う心もドールに移ってたのかなとか思ってしまいます。

そして未咲はヘイがなにやら気になったようです。
刑事的感?それとも…一目惚れ?(違)
ところでヘイはなにやらキャベツを大量に切っていたようですが
もしかして彼の対価ってそれなんですかね。
それともただたんに大食らいの彼がお好み焼きでも大量に作ってただけなんだろうか。
道端のタンポポをおもむろに食べだした契約者もいたから(うまいのか)
なんとも予想がつかない契約内容の方が多いことですね(笑)

しかしインの出番がおもしろいくらいにないw

YUUKAは奈緒でナオだからっ 

FictionJunction YUUKAの新曲、「romanesque」を買おうか買うまいか悩み中…。
でも水曜にはAice5の新曲の「Brand new day/Eternity」が出るから、
それを買いに某メイトに行ったら、ものすごく一緒に買って帰ってきそうな
気もしまくりますが…それでもどうしようかなぁと。
GWにある大阪の舞-HiMEのオンリー、「乙HiME復活祭 乙wei」は
確実に行けなくなったし…腹いせに買っちゃってもいいっすかね…いいっすよね!?
そう、だって中の人は奈緒でナオなんだから!!…言い聞かせてみる。

それにしてもくそぅ、オンリーデビューしようと思ってたのになぁ。復活祭…。
いろいろとほしいのとかあったのに、またとらで新刊待ちしなきゃいかんのか…。
静留ぅ…なつき…シズル…ナツキーーーー!サラとかアインさんとかもーーー。


まあそれはおいといて、
そういえば今の「Aice5 In Wonder RADIO」の組み合わせ、
予想外にすっごいおもしろいです!
朱ちゃんのロックに挑戦してたとことか、智秋さんばりに大笑いしちゃって、
お腹いたいのなんのって。なんか違うんですよね朱ちゃんのロック(笑)
智秋さんのあのロック調の歌い方もすごく好みだったんで
本気でCDのカップリングにでも入れてくれないかって思っちゃった。
Aice5だしね、無理だよねぇその歌い方は。素直にexigeでも聞いときます、はい。


まあCDを買うとか買わないとか言っておきながら
微妙に金欠中なのでおさんぽラジオCD2枚を実は現状見送り中だったりしてます。
イベント行きたかったなぁ…。
なまなばさんを拝見したのはいつになってしまったのか。
あれは…明け瑠璃も関係したイベントだったから10月か11月くらい?
うわー…そろそろ本気を出さねば。(何にだ。)
どこでもドアさえあれば!
と現実逃避に走る回数が最近日増しに増えてる気がする(汗)

コードギアス~はんぎゃく日記~第28回 

あまりにも強烈だったので書かずにはいられない第28回放送分。

前回27回の番組中に注文したピザ&ビールが届いて
番組冒頭から超ハイテンションで乾杯(笑)
で、2人共ピザに夢中。とくにさぁや、番組を進め始めても
ピザ食べながら意識は完璧にそっちに向いちゃっております。
あいづちとか超てきとうですwもぐもぐしてます☆

そしてだんだんと酔っ払いと化していく様子がすごいことに。もうすばらしい。

途中で2人して今何の話だったっけ?とメールの話題を忘れたりと、みごとなカオス!



とくに最後の仲良しコーナーのさぁやの暴走はもう誰にもとめられません。
今回の仲良しコーナーは相手の萌えどころを予想して言葉でくすぐる「萌え相撲」
さとみっこ曰く言葉攻め(笑)だったのですが…

このコーナーで 続 出 し ま し た 。





「アルコールを飲むと敏感になるよね。いろいろね。」




「メガネのかわいい…ぼうや(はぁと)」




「なんなら私のお膝にどうぞ~(はぁと)」




「ねえ後ろからってすごいよくない?」






って…ピンポイントで抜き出すと大変なことになってる!w



全部流して聞いてると意味が分かるけど、これだけだとすごいな。
酔ってなかったら絶対言わないであろうワードだ(汗)


後ろから抱きしめてもらうっていいよねってことですよ!
って本人が必死でフォローしてるなか
このくだり一瞬もののみごとにシーンとなったのが笑えますw
さとみっこは確信犯的にフォローなしでコーナーしめるし、
その後ろで本人必死で違うの!違うの!って言ってますし。

酔っ払いさぁやはぽぽらじぶりに聞いたけど、
ほんと飲むとさらに面白くなるなぁこの方。


そういえばこのコーナーのさとみっこはコヨーテレディオショーの
メロメロおじさまを思い出させますね~。暴走加減が。
しかもこういうセリフの時の演技が妙にうまいんだよなぁ。
ほんとに不思議なキャラです、新井里美。

舞-乙HiME Zwei 第2話 『ア・ラ・シの予感』 

前回に続いて舞-乙HiME zweiの感想など。
1話と同じく妄想大暴走してますのであしからず。


第2話 ア・ラ・シの予感

今回はサラの出番がありそうですよ!
銀河の藍玉。楽しみだー。アインお姉さまは無理かな…。


1話に続いて今回も時系列でツラツラ書いてありますので隠します。
もちろん脈絡ありません。
それと前回のがさすがに疲れたから、今回はだいぶはしょってあります。たぶん。

続きを読む

つ…疲れた… 

夜とか時間があるときとかに見て、
ちまちま書いてた感想をまとめて見直しながらアップしてみました。
さすがに多いな~、だんだん適当になっていってたり
ものによって感想のテンションが違ったりしてるさまが私の性格をあらわしてます(笑)
でも…アニメみてるとWEBラジオとか聞く時間がないっ!
何個か聞き逃しちゃって…(泣)

アニメも1話以降4つは切ったんですけど、それでも多すぎる…!

今回見送り。
・魔法少女リリカルなのはStrikerS
・彩雲国物語
・英國戀物語エマ 第二幕
・一騎当千 Dragon Destiny
この4つは前作を見てないから今回は見送り。
またいつかシリーズ通して見てみようかと。気が向いたらね!

1話切り。
・桃華月憚
・キスダム
・神曲奏界ポリフォニカ
・この青空に約束を
「桃華月憚」は2話途中まで見たんですけど…耐えられなかった…。
あのわけわからなさ加減は苦手なのです。
「この青空に約束を」は正直いちばん微妙だったので、普通に切り。
他二つはなんとなく…ポリフェニカは麻美子が出るって風の噂を聞いたので
もしかしたらまたうっかり見始めるかも。しかもそこだけ(笑)

あと1話から感想書いてないのはなんとなく見る気がしなかっただけですw

ロミオ × ジュリエット 第2話 『約束 ~思ひ出の香り~』 

噴水で出会った二人、ロミオはジュリエットに名を聞こうとするが
そこにペンヴォーリオがあらわれ、大公が呼んでいると告げる。
そのすきに思わず逃げ出したジュリエットが門で衛兵に止められているところを、
駆けつけたコンラッドたちによってなんとか外に出ることに成功する。
そんななか薔薇の舞踏会では大公によってロミオとハーマイオニの婚約が発表されていた。

翌日、誕生日の日、ロミオにアイリスの香りがするといわれたジュリエットは
どうしてもアイリスを飾りたいと、コーディリアに咲いてる場所を教えてもらう。
ロミオも天馬で空を飛んでいるときにアイリスの花が咲いているのを見つけ、
思わず降りるとそこにはジュリエットが。
名前を聞き出したロミオは今日が誕生日だというジュリエットに
アイリスの花を差し出し、また明日も会おうと約束を取り付けた。

その夜、誕生日の晩餐を終えたジュリエットはコンラッドらにあるお墓に連れて行かれ、
そこで自分がかつてモンタギューによって殺されたキャピレットの娘だと告げられる。

そんな流れ。途中めんどくさくてはぶいたけどね!(笑)


もうロミオとジュリエットが見てるこっちが恥ずかしくなるくらい
初々しいんですよ!青い春とかいて青春!
青いです、真っ青です(この表現はなんだか嫌だなw)
手荒れを気にするコーディリアに薬を買っていくジュリエットが可愛らしい。
しかし、あんな風に誕生日に突然真実を教えて、
あまつさえかつての部下を集めてみんなで「殿下!」とか、
何をさせようというのか。まあ分かるけどそこまで全部一気にやらんでもいいだろうに。

ああ、ロミオとジュリエットも悲劇なのかもしれないけど
もっと報われないさぁや…もといハーマイオニ…強く生きろ~。

それにしてもOPの炎の使い方とかほんとにカレイドだなぁ。

機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ 第2話 『戦闘』 

先週なかったのでしょぼんとしてた栗林さんのOP、やっと聞けましたね。
まさにロボットものな曲。でももうちょっと勢いがあるのが好きかも。

基地内に案内される慎吾。基地の人間に説明を受けていると、
中央人民共和国のギガンティックが再び戦闘を要請し
UNがそれを許可したという連絡が入る。
だが、慎吾はスサノオに乗ることを拒否しシェルターへ行くことに。
他にまともなパイロットがいないため真名は一人で戦闘に出ることになった。
だが適合率はあがらず、まともな戦闘ができない。
そんななか慎吾はシェルター内でおびえる人たちを見て、
真名と出会ったときにした約束のことを思い出し、スサノオに乗る決意をする。
慎吾が乗ったスサノオは驚異的な適合率をはじきだし敵のギガンティックを倒すことに成功。
敵パイロットは拘束され、負けた中央人民共和国の代表は
今後国をあげて日本の支援をすることを発表した。

というお話でした。
今回は絵と口の動きが少しレベルダウンしたような気が。
あんまり1話のあれは得意じゃなかったので、
個人的には今回くらいがちょうどいいかも。

で、中国の柚木さんお姉さんのビジュアルが、
ストライクゾーンど真ん中なんですが!綺麗なお姉さんは大好物です。
それにしても負けた共和国のパイロット2人は大丈夫なのかな…。
どういう扱いになるのか、次回分かりそうですがお姉さんが無事ならそれで満足です。
ついでに最後の真名の「ありがとう…」に、利奈さんの声かわいいなぁ…と
ニヤニヤしてしまった私はもうどうしようもないと思います(汗)


ロボット同士の戦闘、丁寧なんだけどスピード感とか
激しさってのが物足りない気がしてしまう。
なんというか流麗で綺麗過ぎて、戦いっていう血なまぐささが出てないのは、
しょせんルールに則った決闘だから、わざとそうやって作ってるんでしょうか。

あと、真名のトランスレータってのはなんなんでしょうね~。
トランスレータとパイロットの違いがわからない。
敵の男の人は確実にパイロットじゃなくてトランスレータの方を
殺そうとしてたように見えましたが…パイロットに代えはきくけど
トランスレータはそうはいかないのかなぁ?

ながされて藍蘭島 第2話 『追いかけられて、婿殿』 

この島に男の人がいないのは、
12年前、毎年恒例男だらけの大船釣り大会を行っていたときに
島を襲った100年に1度の大波にのまれて島の外に流されたからだそうで。
小さい子供はいなかったのか、それとも赤ん坊でも男だったら
問答無用でその大会に連れていかれてたのか(苦笑)

今回はあまりにも行人に群がる女たちを見たおばばの提案で
婿殿争奪おにごっこ大会をすることに。
日が沈むまでに逃げる行人にいちばんに触ったものが行人を婿にできるというルール。
なんとか逃げ切った行人だったが東の森の主に襲われたとき、
すずを押しのけ彼女に触っていたことがおばばからの指摘で判明。
すずが勝者となるが、彼女は結婚とは好きあったもの同士がなるものだから
行人にそういう相手ができるまで待とうとおばばに進言し辞退する。
結局、何の解決にもならず終了。

とくにストーリーがおもしろいわけでもなかったけど
個人的に今日のメインは千葉さんあやねだと思うのですよ!
すずにこてんぱんにされ、ナスの形の行人の身代わり人形と共に星になり、
何回も踏まれ、姉のまちには川に落ちるところを助けてもらえず、
滝から落ちてるときに鳥を呼びつけたものの「駝鳥(飛べない)」で、
婿殿争奪おにごっこに気づくの遅いわ、
あと少しというところで行人にさえしてやられる。

すばらしい。ナイスやられキャラ(笑)
特に「駝鳥(飛べない)」は大笑いです。

クレイモア 第2話 『黒の書』 

冒頭びっくりしたぁ。まさか翼まで生えてくるかと思ったけど
剣投げつけるときの筋力強化みたいなのですんだみたい。
よかったよかった、さすがにそこまで妖魔チックにはしないよね。

クレイモアは自らの中に取り込んだ妖魔の力を人間に意思でおさえこんでいる。
力を使えば使うほど妖魔に近くなり、最終的には抑えきれなくなり妖魔となる。
そして、そうなると組織に消される。
黒の書とは…クレイモアが各々ひとつ持っているもので、
戦いの中で自分の限界に気づいたとき、人間の心を持っているうちに殺してもらうため
いちばん殺されたい相手に黒の書を出す。

そしてクレアにもその黒の書が届く。
差出人は同じころに組織に入った生涯唯一の友、エレナ。
クレアはエレナを殺すために山に向かった…。

ラキは仲間を殺すなんて、とクレアをとめようとしますが
このまま放っておけば友としてのエレナを苦しめることになり、
彼女の願いのためにもクレアはエレナを殺します。
そして思ったよりもあっさりと終わりました。
人であるうちに死にたくて黒の書を出すのだから
抵抗をするという気持ちはまだないのかな。
そんなことをしてしまうようになるまえに殺してもらおうってことなわけね。

で、エレナ…聞いたことある声だと思ったら 川 澄 さ ん 。
レギュラーであんだけ出て、さらにはゲストだとぉおおおお??
働きすぎじゃないですかい(汗)
見てるこちらが心配になってきますよ、ここまでくると。

ハヤテのごとく! 第2話 『三千院ナギの屋敷と、新たなる旅立ち』 

ハヤテはナギの執事として働くことに。
お互いものすごいすれ違った思いを持っていますがw
マリアはなんとかそれを分からせようとするものの、
いかんせん天然VS天然、もはやどうにもなりません。

そして天の声は今日も絶好調。
「湯船は染まった!ハヤテの体からほとばしった真っ赤な入浴剤でそまったぁ!」
ほとばしるって…(笑)

クラウスとマリアの巨大ロボットのくだりがおもしろかったです。
相変わらずオタク要素満載すぎる。
マリアの声は早くも慣れました。でもさぁやとかでもいいかなぁなんて思ったりも。
でも田中さんの声はいいですね!マリアでの声はちょっとみゆみゆと系統が似てる気が。

ちなみに今回の次回予告は「赤い獅子がほえるぜ!」
これは何か分からないけど何かのアニメのなんだろうなぁってのはわかるぞ。
今度は何なんでしょう。

天元突破グレンラガン 第2話 『俺が乗るって言ってんだ!!』 

ガンメンに乗っているのは獣人という種族で、
朝になると襲ってきて夜になると帰っていくとか。
そして今回はカミナがガンメンを奪って自分の搭乗機にしちゃうお話。

ガンメンの襲撃におびえるシモンはラガンを動かそうとするも反応なし。
そんななかガンメンは暴れはじめ、それによる揺れはどこか覚えが…。
シモンは地下での地震だと思っていたものが
やつらが暴れていたせいだったことに気づき、ラガンを動かし飛び出していく。
その熱くなってるシモンにカミナがケンカは熱いハートと
クールな頭脳が必要だといって諭すわけですが…
ガンメンを奪うと言い出したカミナにシモンはどうやって操縦する気かと聞くと…

「ようは気合ってこったろう!!」
「違うと…思うよ?」
「いいから行けーーーー!!」
「クールな頭脳はどこにあるのーーーーー!?」

すばらしい漫才コンビですねw


俺を誰だと思ってやがるキックとよくもかわいい子分をパンチ。
相変わらずネーミングセンスはいっさいナッシングですねカミナ。
まあそんなこんなでガンメンを追っ払うことには成功。
そのあと戦闘の最中に見つけた?骸骨を埋めることになったわけですが
それはカミナの父親だった…。

骸骨が何回も映ったり星がきらめいてたりしたから
死んでそうだなとは思いましたが、その骸骨がそうだったとは。

後半の流れがなかなかおもしろかったです。
新キャラのオカマさんもなかなかおもしろいキャラです。さすが小野坂さん。

瀬戸の花嫁 第2話 『指輪物語』 

ばーちゃんに、アドバイスされ永澄は燦を誘い盆踊りにいくことに。
しかし盆踊りといえば屋台。屋台といえばテキヤさん。
テキヤさんといえば…そう、ここはあの人のシマ。
敵がいっぱいだぞ、どうする永澄。という話(違)

彼女といっしょに祭に行くための軍資金5千円。
1万円でもなく2・3千円でもなく5千円
うーむ、ばーちゃん絶妙。

燦には大サービス、永澄にはものごっついしょぼいものを手渡してくるテキヤさんたち。
そんななかタイヤキ屋のおっちゃんはでっかいタイヤキを永澄に手渡す。
こういう人もいるんだと感動する永澄だったが…中には携帯電話。
つながっている相手はもちろん例のアノ人。

「たまぁ(命)…とったるでぇ…ツーツー」

豪三郎、大暴走中です。しかしこれがエル・カザドのローゼンバーグと同じ人とは。

政さんは今回もときめかれておりました。
「ファーストキスの人…!(はぁと)」
ってときめいてるのにウケる。
しかもそれに焼きもちを焼く燦もすげえ。


それから姐さんと政さんのやりとりが最高。
「どう?タコ蒸しでも食べる?」
「うっ!まさかそいつは中島ぁ…ですかい?」
「さあ?♪」
…なかじまーーーーー!(泣)

ヒロイック・エイジ 第2話『忘れられた子供』 

1話はOPがなくて語りのみだったので今回初OP。
…かっこいい…この歌かっこいいですね!
時間足りなかったのかもしれないけど、第1話もOP入れたほうがよかったんじゃ?
このかっこよさならそれだけでもある程度の人数掴めたんじゃないかなぁ。
angelaって名前は知ってたけど歌聴いたのはじめてです。こういう歌の人だったんだ。
しかしOPのテロップがさらっとしすぎてて2回くらい見直してみても
どこに歌手名書いてあるのか気づかなかったですよw
作詞作曲とか書かないって珍しいですよね。

しかしこのキャラデザは…イオラオスが劉鳳に見えてしかたないのですが。

エイジは人間たちとともに行くことに。
おそらくそうなるだろうとは思ってましたが歓迎パーティーで大暴れ。
本人はしゃいでるだけだろうけどお料理に夢中です。
めでたくサルの称号をゲットしましたエイジくん。
王女さんは絶対領域的なものがあるのか普通の男性は近づけないんですね
よほど純粋なのか…とか言われてたけど下心があるとだめなのか…。

それと今回は12の契約を大発表。
ずいぶん傲慢な契約条件だなぁおい。
最後にいままでの契約に反しない限り契約者の願いをかなえるってあるけど
エイジの場合はあの星の再生ってことか。
それとエイジとあのロボットの関係は変身っていうより何か別の生命体を
呼び出してるみたいなかんじなのかな?ベルクロスって呼びかけてたし。

そういえばアネーシャがエイジとイオラオスをサルとイヌって
表現していたのがあまりにもしっくりきすぎて笑える。まさにそれだw

ひとひら 第4話 『頑張ってる…?!』 

国語のテストが悪くて落ち込む麦、それを見て妙な友情が芽生える甲斐。
野乃と美麗の売り言葉に買い言葉から発展し、
演劇研究会メンバーの全員がテストで50番以内を取らなくてはいけないことに。
そこで成績の良い野乃が全員の家庭教師として教えたがはたして…。
成績発表の日になぜか30番以内に上がっている条件、
ついでにだめだったら部費献上の条件に一同驚愕し、
無理だと自信満々の理咲は
「人間やればできるなんてウソ!ダメなものはダメなのよっ!」
と荒波を背景に叫び、貼り出された順位を破りとって逃走(笑)
ごごごごご…と炎をまとって追う野乃だった。

野乃さんの壊れ具合と理咲のいさぎよさ、
なんだかんだ言っても美麗と野乃の仲のよさが際立った回でしたね。
ものの見事に暴走してました野乃さん。最強です。
ただ声帯の具合はひどくなっているようなのでこれからどうなるのか…。

しかし甲斐や麦よりも理咲がいちばんの不安要素だったとは、伏兵でしたw
何も言ってなかったからてっきり普通くらいなのかと思ってましたよ。

ひとひら 第3話 『初舞台』 

舞台を怖がりトイレにこもる麦を外に出すために
「そのトイレ、夜になると出るわよ…」と大嘘で脅す野乃先輩、鬼(笑)
そして案外あっさりと野乃先輩の秘密が明らかに。
声帯マヒだそうです。そのときは一時的だったけど癖になってしまったとかなんとか。
よくわからないけどそういうものなんですかね。
そして予想以上に演劇部部長の美麗との関係は深い模様。
自分を演劇に出会わせてくれた人だとか。

美麗は野乃の声帯が心配で廃部させてでも演劇をやめさせたくて、
野乃はそんな美麗があたえてくれた演劇をやれるという今をなくしたくなくて、
お互い廃部をかけて勝負すると。うーん、思いは複雑だねぇ。

そしてその話を聞いた麦は舞台に出ての第一声を例の大きさで言い、
まあだんだん小さくなって言ったけど(笑)
それでも理咲のフォローもあって無事初舞台終了。

野乃もいいんだけど理咲もさっぱりとした良いキャラだなぁ。
それと桂木先輩…人寄せに逆立ちをしようとした甲斐が上着を脱ぎ捨てるのは分かるけど
上着を脱ぎ捨てて早口言葉ってあんた…上着脱いだ意味ねぇっw

ひとひら 第2話 『まがい……物?』  

演劇部と演劇研究会は10月の公演で観客投票をして、
負けたほうは廃部になることが決まっているそうな。
それはまあ仲も悪くなるってもんですな。

さて麦ちゃん、5月の公演は出なくていいと思って安心していたら
それはもちろん出演することに(笑)
そんな彼女、今回はくすぐられてすばらしい声量の一端を見せてくれました。
それに対して野乃先輩はのどでも悪くしてるのかなぁ。
「大丈夫よ…まだ…ね。」
ってあきらかに何か、ねぇ。そんな中さんざん野乃に対して悪態をついていた
演劇部の部長の美麗は窓辺でつらそうな声で「ばか…」と呟いてます。
おいおい実は大好きか?(違)

次回予告の麦の
「セリフ…言わなきゃダメですか…?」
は前回に続いてベストヒット。これ考えてる人すごいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。