スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエルベールの物語 第1話 『始まりの章』 

ウエルベールの王女リタは隣国からお忍びでやってきた
政略結婚の相手の王子を殺してしまう。
ちょうど城の女神像を盗みに入った女盗賊ティナは偶然その現場に遭遇、
ティナはなんとか脱出はしたもののなぜか王女がついてきてしまって…。
隣国は14日以内に王女の公開処刑を望み、父王は王女をお尋ね者に。
まあそこですこしドタバタあったわけですが
結局、リタは隣国との戦争をさけるために父王から極秘で渡された書状を
中立国に持っていくということに…さわりはこんなようなお話。

想像以上におもしろかった!
リタが王子を殺してしまったのはなぜなのか、本当に彼女が殺したのか、
あの王子が何かやったような描写もあったのであれはなんだったのか、
これからいろいろ真実が出てきそうですし、
それにリタのお兄様なんとなく妖しいですしね(笑)
(第1話から奇麗事ばかり並べる美形は疑ってかかることに決めてますw)

ドジっこな妖精さんとか、
リタがお風呂から出て手を広げて突っ立ってる場面とか
(着替えはやってもらっていたんでしょう)、
知能を持つ戦車がじいちゃんな伯爵なとことかもコミカルな場面もあって、
見ててなかなか楽しめました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asher5.blog70.fc2.com/tb.php/106-c1e3946a

レビュー・評価:ウエルベールの物語/第1話 「始まりの章」

品質評価 17 / 萌え評価 3 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 4 / シリアス評価 37 / お色気評価 32 / 総合評価 18レビュー数 62 件 ウエルベール国の首都・ウエルダン、女盗賊ティナと妖精シェリーは、 ウエルベール城にある「黄金の女神像」を狙い、城内に忍び込む。 とこ

  • [2007/09/27 18:30]
  • URL |
  • ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。