スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくらの 第1話 『ゲーム』 

重そう。すごく重そう。
どういう集まりなのかは分からないけど
中学1年の男女が14人とその中の子の妹の小学4年の女の子が1人、
夏休みに課外合宿みたいなものをしていたようで、
その子たちが海辺の洞窟で謎の男と出会い、あるゲームをしてみないかといわれる。
そのゲームとは黒い大きなロボットに乗って敵と戦うというもの。
小4の子以外が暇つぶしにやってみることにしてみたが、
実はそれはゲームといっても実際に巨大ロボットに乗って戦うものだった。
その男は彼らに戦い方を教え、「すまない」と言った…らしい(by麻美子)

うはー、重そう(笑)
なに、すまないって何?あの敵っていったい何者なんでしょうね。
まさか実は同じように15人選ばれた少年少女がいた…とかだったら笑えない(汗)

ちょっと公式サイトみてきます。






ちょ、すまないの意味わかった…。

以下 引用。

戦いに負けたり、勝負がつかず48時間経過すると、地球は破壊され、

全人類のみならず地上の全生物が死滅する。

操縦者は、事前に契約した者の中から選ばれた1名がなる。

操縦は一人で行い、勝手に変更する事は許されない。

ロボットは人の生命力で動く。一戦闘する代わりに、操縦者の命を奪う。


世界の滅亡か ぼくらの死か。  




重っ。まさか1回戦闘するごとに一人死んでいく設定とは…(汗)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asher5.blog70.fc2.com/tb.php/107-9344dd81

レビュー・評価:ぼくらの/第1話 ゲーム

品質評価 25 / 萌え評価 11 / 燃え評価 2 / ギャグ評価 3 / シリアス評価 40 / お色気評価 12 / 総合評価 17レビュー数 140 件 神奈川県・御友島。ここで開かれている自然学校には、15人の少年少女が参加していた。合宿が始まってから1週間ほどたったある日、彼らは退屈し

  • [2007/08/09 19:30]
  • URL |
  • ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。