スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エル・カザド 第3話 『降られた女』 

ジープで南を目指す途中、土砂で道を遮られ立ち往生。
さらには大雨になってしまい、ナディとエリスは近くで見つけた小屋で雨をしのぐことに。

今回はナディとエリスのやりとりがメインの模様。
ナディが1話を見たときに想像したよりもかなり大人で、
ちょっと予想外でした。いろいろとあったんでしょうね。
しかしこの2人のやりとりは見ているとほのぼのとした気分になります。


暖まるためにコーヒーを飲もうとしてるナディとエリス。

「ミルクは?」
「ミルクはないけど砂糖はあったよ、いる?」
「ふたつ。」
「はぁーい。」

なんだこのほのぼの姉妹は!うーん癒し系。


そんな中しつこく二人を追いかけてくるオカマコンビの車のトランクから
変態ストーカーくんきたーーーーw
だめだ、こいつ出てきたら笑ってしまう。

変態さんナディをガスで眠らせエリスに何をするのかとおもったら…
いつも君を見ていることを伝えにきたんだ…
ストーキング宣言ですよ!!(笑)
だめだ、彼はだめだ。私の中の笑いのツボを刺激しすぎてくれます。
出てくるたびにこみ上げてくる笑いを抑えるのに必死です。

んでもってローゼンバーグさんはなにやら人を殺させてますし、
ブルーアイズもなにやら考え事か?
あいかわらずいろいろと思惑うずまいております。


さて今回もベストヒット静さま。
候補としてはエリスの「もらった…」に対しての「よかったね」とか、
おねーさんな静さま素敵。今回はおねーさんな雰囲気のセリフが多かったですね。

でも、いちばんはここかなと。

銃を手にとっていたエリスに向かって…

「エリス!戻しなさい。」
「見てるだけだよ」
「はやく。」

ここ!このあたりのやりとりの1トーン下がったり少しゆっくりになったり、
怒るとかじゃなくて言い聞かせる、教えるかんじがよかったです。



今まで一応順番に見てきたんですが、我慢できなくて…
気になるものは見てから他のものを見ようということにしちゃいました。
こうやって結局見るのが減っていくんだろうな(笑)
とりあえずは他のも見ますよ!もちろん!今は…。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asher5.blog70.fc2.com/tb.php/111-fbcad027

レビュー・評価:エル・カザド/第3話 「降られた女」

品質評価 7 / 萌え評価 29 / 燃え評価 5 / ギャグ評価 5 / シリアス評価 18 / お色気評価 29 / 総合評価 15レビュー数 116 件 雨の中、山道で立ち往生してしまったエリスとナディは、近くの空き小屋に転がり込み、雨宿りをすることに。だが、二人にジープを盗まれたオカマの

  • [2007/09/01 22:07]
  • URL |
  • ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。