スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ながされて藍蘭島 第2話 『追いかけられて、婿殿』 

この島に男の人がいないのは、
12年前、毎年恒例男だらけの大船釣り大会を行っていたときに
島を襲った100年に1度の大波にのまれて島の外に流されたからだそうで。
小さい子供はいなかったのか、それとも赤ん坊でも男だったら
問答無用でその大会に連れていかれてたのか(苦笑)

今回はあまりにも行人に群がる女たちを見たおばばの提案で
婿殿争奪おにごっこ大会をすることに。
日が沈むまでに逃げる行人にいちばんに触ったものが行人を婿にできるというルール。
なんとか逃げ切った行人だったが東の森の主に襲われたとき、
すずを押しのけ彼女に触っていたことがおばばからの指摘で判明。
すずが勝者となるが、彼女は結婚とは好きあったもの同士がなるものだから
行人にそういう相手ができるまで待とうとおばばに進言し辞退する。
結局、何の解決にもならず終了。

とくにストーリーがおもしろいわけでもなかったけど
個人的に今日のメインは千葉さんあやねだと思うのですよ!
すずにこてんぱんにされ、ナスの形の行人の身代わり人形と共に星になり、
何回も踏まれ、姉のまちには川に落ちるところを助けてもらえず、
滝から落ちてるときに鳥を呼びつけたものの「駝鳥(飛べない)」で、
婿殿争奪おにごっこに気づくの遅いわ、
あと少しというところで行人にさえしてやられる。

すばらしい。ナイスやられキャラ(笑)
特に「駝鳥(飛べない)」は大笑いです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asher5.blog70.fc2.com/tb.php/122-ce375a54

レビュー・評価:ながされて藍蘭島/第2話 「追いかけられて、婿殿」

品質評価 43 / 萌え評価 31 / 燃え評価 5 / ギャグ評価 25 / シリアス評価 5 / お色気評価 38 / 総合評価 25レビュー数 135 件 藍蘭島から脱出しようとして失敗し、とりあえず島に落ち着くことに決めた行人。しかし島に住む女の子たちは突然流れ着いた唯一の男の子・行人に

  • [2007/07/10 18:02]
  • URL |
  • ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。