スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ 第2話 『戦闘』 

先週なかったのでしょぼんとしてた栗林さんのOP、やっと聞けましたね。
まさにロボットものな曲。でももうちょっと勢いがあるのが好きかも。

基地内に案内される慎吾。基地の人間に説明を受けていると、
中央人民共和国のギガンティックが再び戦闘を要請し
UNがそれを許可したという連絡が入る。
だが、慎吾はスサノオに乗ることを拒否しシェルターへ行くことに。
他にまともなパイロットがいないため真名は一人で戦闘に出ることになった。
だが適合率はあがらず、まともな戦闘ができない。
そんななか慎吾はシェルター内でおびえる人たちを見て、
真名と出会ったときにした約束のことを思い出し、スサノオに乗る決意をする。
慎吾が乗ったスサノオは驚異的な適合率をはじきだし敵のギガンティックを倒すことに成功。
敵パイロットは拘束され、負けた中央人民共和国の代表は
今後国をあげて日本の支援をすることを発表した。

というお話でした。
今回は絵と口の動きが少しレベルダウンしたような気が。
あんまり1話のあれは得意じゃなかったので、
個人的には今回くらいがちょうどいいかも。

で、中国の柚木さんお姉さんのビジュアルが、
ストライクゾーンど真ん中なんですが!綺麗なお姉さんは大好物です。
それにしても負けた共和国のパイロット2人は大丈夫なのかな…。
どういう扱いになるのか、次回分かりそうですがお姉さんが無事ならそれで満足です。
ついでに最後の真名の「ありがとう…」に、利奈さんの声かわいいなぁ…と
ニヤニヤしてしまった私はもうどうしようもないと思います(汗)


ロボット同士の戦闘、丁寧なんだけどスピード感とか
激しさってのが物足りない気がしてしまう。
なんというか流麗で綺麗過ぎて、戦いっていう血なまぐささが出てないのは、
しょせんルールに則った決闘だから、わざとそうやって作ってるんでしょうか。

あと、真名のトランスレータってのはなんなんでしょうね~。
トランスレータとパイロットの違いがわからない。
敵の男の人は確実にパイロットじゃなくてトランスレータの方を
殺そうとしてたように見えましたが…パイロットに代えはきくけど
トランスレータはそうはいかないのかなぁ?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asher5.blog70.fc2.com/tb.php/123-5bbb5b4c

レビュー・評価:機神大戦ギガンティック・フォーミュラ/第2話 『戦闘』

品質評価 15 / 萌え評価 16 / 燃え評価 10 / ギャグ評価 7 / シリアス評価 30 / お色気評価 9 / 総合評価 15レビュー数 97 件 スサノヲ運用基地プラクティカルベースに、慎吾は迎え入れられた。スサノヲ十式の意志を代弁する者――トランスレータである真名が、慎吾をスサノ

  • [2007/08/27 22:50]
  • URL |
  • ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。