スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸の花嫁 第3話 『天国に一番近い島』 

父の仕事の都合で明日埼玉に帰ることになった永澄。
それを燦に告げようとするもなかなかできず。

豪三郎から2人で無人島に行って遊んでこいと船を出してもらい
とうとう認めてもらえたかと思った永澄だったが、もちろんそうはいかず。

あらたなる刺客マキちゃんとの激しい戦いを繰り広げるお話。

結局、燦は永澄たちとともに埼玉についていくことを決めていて、
一緒に新幹線で帰ることに。
平和になると思った永澄だったが、かばんの中にはやはりマキちゃんが…。

というお話。


燦のお友達、巻き貝のマキちゃん登場。
かわいらしい子かと思いきや、やはり父からの刺客(笑)
瀬戸内組の用心棒にして筆頭らしいw

燦の前ではロリ声、永澄の前ではおもいっきりドスを聞かせた声にはやがわり。
なかなかインパクトの強いキャラです、マキちゃん。
大魔法峠のパヤたんを思い出させてくれて…
こういうキャラっておもしろいわ~。
まあ個人的にはパヤたんの方が好きですけども。
あれは表と裏で声優さんも千和さんと譲治さんですしいろいろ違うんですけどね~。

ちなみにマキちゃんの声がなっちゃんだったのはびっくりしました。
いまだに可憐なイメージなもんですから(シスプリ)
本人のキャラがぜんぜん違うのは知ってるんですけど、
どうにも可憐から抜け出せれない、私の脳内。


しかし、燦との思い出にいちいち政さんが最終的に出てくる
永澄はもうダメなんじゃなかろうか(笑)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asher5.blog70.fc2.com/tb.php/141-1e6b3ac0

レビュー・評価:瀬戸の花嫁/第3話 天国に一番近い島

品質評価 17 / 萌え評価 34 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 14 / シリアス評価 10 / お色気評価 44 / 総合評価 21レビュー数 147 件 両親により、急な埼玉への帰宅を告げられた永澄。燦と遠距離恋愛になってしまうことを考え、センチメンタルになっていた。そんな中、燦と永澄の

  • [2007/09/07 21:33]
  • URL |
  • ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。