スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あさっての方向。 第1話「願い石」 

秋から始まったアニメを今まで見た中で
これからが気になるっていちばん思ったのがこれ。
あのなんともすごいテンションのラジオしか聞いてなくて
事前情報もほとんどいれてなかったので
まさかこんなに静かに淡々と進むアニメだと思ってなかった・・・。
静さまと藤村さんが作品とはぜんぜん違う!と言うはずだ(笑)

ストーリーとしては兄と妹の二人暮しのからだちゃんは
早く大人になりたい小学6年?の女の子。
アメリカから帰国して新しい気持ちで住もうと思った町には
戻ってくると言い残しながら自分から去っていった元カレ(からだの兄)
がいてしかも吹っ切れてなくてイライラしちゃう椒子さん。
この二人がそれぞれ大人と子供の体になってしまうというお話なんですが・・・。

なんかね、椒子さん視点で見てしまうんです。
もどかしいなぁとか、きついなぁ、とか。
言っちゃいけないって分かってても言ってしまうことあるんですよね・・。
積もり積もると特に。
ヒロは何考えてるかわかんないし、自分も突然のことでどうしたいのか分かんないし、
というかんじなんですよねぇ、きっと。
そもそもね、戻ってくるとか言っておきながら何の音沙汰もなしに消えておいて、
再開したときにもなにも言ってこないってどういうことですかとかいろいろとあるわけですよ。


とまあこれはおいといて、
私は、盛り上がりが特になくても静かに淡々と見せてくれるものがもともと好きなので
かなり期待してしまいます。ストーリー、しっかりお願いしたい・・・。
椒子さんが前を向けることを祈って・・。


あ、主人公ってからだちゃんだよね?(笑)
まあほらからだちゃん視点感想は他の方がいっぱい書いてくれてるようですし!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asher5.blog70.fc2.com/tb.php/21-6d717f1f

レビュー・評価:あさっての方向。/第1話「願い石」

品質評価 29 / 萌え評価 50 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 17 / お色気評価 24 / 総合評価 23レビュー数 89 件 小学六年生の五百川からだは4年前に両親を亡くし、唯一の肉親である兄の尋と二人暮らし。尋に迷惑をかけていると感じており、早く大人になり...

  • [2007/10/13 03:23]
  • URL |
  • ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。