スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらスパロボJ 

また放置しかけてしまった(汗)
えー、アニメがどんどん貯まっていってる中、
友達から借りたスパロボJを一気にやってました。
まだクリアまでちょっとあるんですけどね。
ていうか第三次αがあと数面ってとこで止まったままだってのになにやってるんだか…。
第三次αもクリアしないとなぁ~。

ちなみに基本的にリアル系女主人公ではじめるので、
今回はカルヴィナ・クーランジュです。
系統としてはスパロボAのラミア的なかんじかな?クール系。
でも意外に激情系でもあるみたいだけど。
Jはフルメタル・パニックが参戦してるんで大喜びでマオを使ってみたり、
隠しユニットのぽんた君にウケたり、なかなかフルメタ関係はいいかんじ。

ただ、気になったのが主人公…
名前で呼ばれるのをすごい嫌がるキャラだったはずなのに、
途中からなんの転機もなくみんなからカルヴィナって呼ばれ始めて、
しかもなんの反論もなくスルーなんですよね。設定おかしくありません?
そこにいたるワンエピソードいれないと繋がらないじゃないかーーー!(主張)


はぁ、PSPでMX以外のスパロボ出ないかなぁ。
MXは女主人公がいないからなんとなく食指がうごかないんですよね。
OG、PSPでも一緒に出せばいいのに。

ファイナルファンタジー12 

兄が買いました。
そして私が先にやってみました。

ヴァンが砂漠に出れるとこまでちょっとだけやってみたけど、
こーりゃ慣れるまではきついかなぁという印象。
慣れてしまえばどうってことないんでしょうけどね。
戦闘のシステム変更については、片手間にできなくなったのがきつい。
でも個人的にもっと辛いのが、視点の変更を自動でしてしまうこと…。
これって10あたりもそうでしたっけ…?
だいぶ前だからよく覚えてないんですけど
わたし立体の空間把握能力がないのか、
とにかく3Dだと自分がいる地点とか周りの把握が苦手なのに
勝手に視点の位置がくるくる変わられるとですね…
おそらく迷子大王になれるのではないかと…。

がんばって慣れよう…。はぁ。

ちなみにオジサマたちの声が素敵ですね。
ヴァンとパンネロの演技は…どうにかなりませんでしたか…。
アーシェは園崎さんなら大丈夫だろうけど…、
演技がアレだと聞くたびに凹むんですよね…。
できれば上手い人を使って欲しい…とつぶやきつつ、

第3次スパロボもあと4・5面でクリアだし、
適当に飽きないように回そうかな。

第三次スパロボα 

かなり前に中断させていた第三次スパロボαをやってます。
私の前に兄が5周クリアしてるので、ありえないくらいに強い(笑)
いやー楽しいw(ゲームに難易度を求めない人間なので)

いま49話くらいまでいったので…あと10話ないくらいか。
主人公はいつもリアルの女主人公を選ぶので今回はセレーナ。
第二次のときのアイビスたちが出てくるのがいいですね!
第二次のときはアイビスでクリアしたので思い入れが違うし…。

早くクリアしなくては。
…セレーナの声は悠ちゃんとかでも聞いてみたかったなと思う声オタ。



あ、そういえばOGとOG2が一緒になってか分からないけど
PS2に移植されるそうですねー。
で、今までアドバンスだったから声がなかったキャラも声がつく!
OVAは見てないから出てたのかもしれないけど…

ラーダ:佐久間レイ
レフィーナ:岩男潤子
オウカ:根谷美智子

岩ちゃん!…おー、すごい!久々に私の守備範囲に岩ちゃんが(笑)
レフィーナとはまたぴったりな…。テンション上がるじゃない。
ラーダもさりげなく豪華というか…元祖お姉さま。
カズミお姉さまと同じ声なのね。佐久間さんはスパロボ大活躍だなー。
で…オウカの根谷さんが密かにかなり嬉しい。声が想像できます。
オウカは生存フラグを作ってほしい…。
スタッフさん、ナイスキャスティングをありがとう(TT)


…買ってしまうな…コレは。

珊瑚・瑠璃、優季、愛佳 

とりあえずこのみと花梨以外は終わりました。
この2人はまあ気が向いたら…(汗)ごめんよレレイ…。


るーこルートで聞いた珊瑚の主人公の名前の呼び方が可愛くて、
思わず愛佳より珊瑚・瑠璃のルートを先にしてしまいました。
しかしこのルートはなんともある意味盛りだくさんで…w
まさか百合的なものまで出てくるとは思わなんだ(笑)


隠しキャラ的な優季ルートはこれもまたるーこと同じ不思議現象あり。
うーん摩訶不思議。(ARIAを見ながら書いてみる)


んで、愛佳。話も長くて途中も結構よかったんだけど…、
最後なんかちょっと…よくわかんないというか納得できないというか…。
まあその辺さらっと華麗にスルーにしておきます。
愛佳が可愛いからいいじゃないか。
妹の郁乃の声(神崎ちろ)が鈴凛に聞こえてしょうがなかったとか、
そんなことは決してない、もちろんない。

タマ姉、由真、るーこ 

リベンジとばかりに怒涛の勢いで「To Heart2」やってみました。

とりあえずタマ姉エンディングまっしぐら。
…なんだか…あれ?微妙?
気弱なタマ姉が可愛かったりとかあったけど、
それだけと言えばそれだけ…うーん。
こういうものなのかな、と理解してみる。


タマ姉が終わったあと、愛佳と由真で迷ったものの、
なばためさんの誘惑に敗北。結局由真ルートへ。
登場時の由真はそんなに好みのキャラじゃなかったはずなのに、
ルートも中盤にさしかかると…


 「あかん…ゆまがかわいい…」


になっていた。おそるべしなばためマジック(違)
主人公とのやりとりやじじいとのやりとりなんかも、
テンポが良くて意外に楽しい。
…タマ姉のとのこの差はなんだ…。


その後、今度こそ愛佳をやるか、そろそろるーこに行くかで迷い、
結局リオさんが演じてるるーこに敗北。嗚呼負けっぱなし。

るーこのも比べるとストーリーが厚かった…。
タマ姉っていったい…(TT)
しかし「るー」という単語を連発してくるるーこさん、
FF10のルールーと同じ声だなんて…プロって恐ろしい。
最終的にはどっちとも取れるEDでしたが、
私としてはホンモノさんだったのだととりました。



私が選ぶ順番はかなり中の人が基準になってくるようなので、
ここで一応キャストなども。

柚原このみ=落合祐里香
向坂環=伊藤静
小牧愛佳=力丸乃りこ
十波由真=生天目仁美
笹森花梨=中島沙樹
ルーシー マリア ミソラ=夏樹リオ
姫百合珊瑚=石塚さより
姫百合瑠璃=吉田小南美
草壁優季=佐藤利奈

花梨の役がレレイさんだったりするんだけど…、
どうしても彼女のキャラは苦手だからな…悩みどころだ。
次はー…珊瑚瑠璃か愛佳か、どっちにしようかな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。